多彩になった名刺のデザインについて

最近の名刺のデザインは以前に比べて多彩な物が出ているようです。
以前は縦書きで社名と役職と氏名が書かれたシンプルな物がほとんどでしたが、現在は横書きで企業の社章が背景にうっすらと出ている物や赤や青のラインなどがあしらわれたデザインなど、カラフルな名刺が多くなってきているようです。
私も以前IT企業で契約社員のプログラマーをやっていた頃、そのような名刺をいただいたことがあり、正直ビックリした思い出があります。
近年名刺のデザインが多彩になった理由には、コンピュータや印刷機の性能や印刷物を作るソフトウェアの機能が飛躍的に向上したことと、日本社会自体が斬新なデザインの物を次々と取り入れてきた背景があります。
企業のパンフレットにしても、以前では考えられなかった斬新でカラフルな物が多く出てきました。
でも、形式は時代に合わせた物になっても、印刷物は作り手のメッセージが人に伝わるような物であり続けて欲しいものです。

名刺作成

友達や恋人のお祝いに、リムジンで素敵な想い出をプレゼント!

動画制作

飲食専門のお仕事の人材紹介します。

ビジネスマン向けの東京のオーダースーツショップ

最新記事

  • 社会人が初対面で取引先などに挨拶する際、自己紹介の一環として名刺交換を行うことは少なくありません。< …

    続きを見る

  • 名刺は、その人の印象を決めます。
    沢山の名刺を受け取る機会が多いと、誰がどれであったか、人と名 …

    続きを見る

  • 最近巷で噂の「プライベート名刺」。
    もし作ってみたいと思っているなら、今が作り時です。

    続きを見る